簡単にできる下半身の運動

下半身を鍛えるには、ウォーキングや階段の上り下り、スイミングなど様々な方法があります。
足腰を鍛えるのに最も効果がある筋トレはスクワットですが、もっと手軽に行える運動をしたい場合には、レッグカールやレッグエクステンションがあります。

これらのエクササイズは、ジムなどに行けば専用のマシーンがありますが、自宅で行うこともできます。
椅子に座って足首の部分だけ足を組みます。
お尻や膝は動かさずに、組んで下になっているほうの足を伸ばします。

このときに、上になったほうの足は下になったほうの足を押さえつけ、足がまっすぐに伸びたら、上になった足は下の足を押さえつけながら、下の足はそれに抵抗しながら下の位置にゆっくりと戻す、という動作を10回で1セット、1度に3セットくらいを両方の脚で行いましょう。

日常生活でどの程度脚の筋肉を使っているかにもよりますが、筋肉が疲労から回復することも大切ですから、週に2、3回くらいで充分です。

これにより、脚の表と裏の両方の筋肉が鍛えられますが、きちんとケアをしないと腰などを痛めがちになりますので、お風呂あがりなどにストレッチをしましょう。
ストレッチは毎日行って大丈夫です。

特に年を取ってくると体が硬くなりがちですから、柔軟性にも気を配りましょう。
怪我をして筋肉や関節を痛めると、結局それ以降思うように運動をすることもできなくなってしまいますので、柔軟性を保ち、無理なく一生運動を続けていけるようにすることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:下半身

このページの先頭へ