沢尻エリカさんのコンプレックスは下半身

日々テレビやファッション誌を賑わす女優やモデル達は誰もが美しく、華やかな印象があります。
逆に言うと美しく、華やかなオーラ無くして、女優やモデルとして成功することは考えられないのかもしれません。

欧米人は、東洋人とは異なる美しさを持っていますが、我々日本人はハーフを好む傾向にあるようです。
お人形さんのような容姿の欧米人よりも、自分たちに近い部分があるハーフにより親近感を持ってしまうのかもしれません。

こうして今日も見目麗しいハーフの面々が、我々の目を楽しませてくれるわけです。
一口にハーフといっても、どこの国の血をひくかによって、その容姿も印象もさまざまです。
沢尻エリカさんは日本人に近い顔立ちで、あまり違和感がないタイプの美人だと言えます。

芸能界で活躍し、知名度の高い彼女のような人は、容姿におけるコンプレックスなど無縁だろうと思われますが、案外そうでもないようで、彼女のコンプレックスは下半身なのだそうです。

確かに外国人女性の場合、日本人よりもヒップにボリューム感がある方は少なくありません。
沢尻エリカさんも上半身に比べると、ヒップから太ももにかけての下半身の方がやや太めと言えます。

どんな人にでもコンプレックスはあるのだなと思うと、一般庶民としては少々安心するというものです。
しかし、詰まるところ、タレントとしての価値は容姿だけではないのでしょう。
外見に見合った内面を持つ人こそが、成功する世界だと信じたいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:下半身

このページの先頭へ