下半身太りを改善する骨盤体操

ダイエットを行って、上半身が痩せることはできても、下半身はなかなか痩せられないということをよく耳にします。
下半身がなかなか痩せない原因の一つに、骨盤のゆがみが上げられます。
例えば、猫背の場合には、背中などに無駄な脂肪がついてしまったりするものです。

それと同様に、骨盤が歪むということは、普段の姿勢や歩き方などが悪いということがあるのです。
ですので、歪みを治せば、下半身太りを治せるのです。

では、どのようなことが原因で歪んでしまうのかと言うと、いつも同じ肩で鞄を持っていたり、テレビを見るときにはごろ寝をしていたり、足を組んでいたりすれば、歪む原因を作っていることになります。

普段何気なく行っている行動が原因になってしまったりするのです。
それらの生活習慣を改善しながら、歪みを矯正することをお勧めします。
整体などに行けば、矯正してもらうことは可能ですが、自分で自宅で行う矯正もあります。

どのようにして行うのかと言うと、まず仰向けで寝転びます。
そして、膝を90度に曲げます。
ちょうど足を立てている状態にします。

そうして、上半身は天井を向けたまま、下半身だけを左右に倒すのです。
右に倒したのなら、次は左に、左に倒したのなら、次は右に。
というのを3分ほど繰り返します。

これだけでも、歪みを矯正することが可能です。
ですが、毎日続けなくては効果が出ないので、出来るだけ毎日行い、習慣にするのがおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:下半身

このページの先頭へ