下半身太りを気にされている女性は多いですが、原因を知っている方は多くありません

下半身太りはいろいろなタイプがあります。
下半身太りを気にされている女性は多いですが、原因を知っている方は多くありません。
まず、原因に脂肪の貯蔵や放出をするレセプターと呼ばれる機能が下半身に多く存在していることが挙げられます。

セルライトなどもそのひとつとされていて、セルライトは、水分や老廃物を取り込んで肥大化した皮下脂肪組織で、お尻周りや太ももに多く出来ます。
普通の脂肪組織と違う点は、組織自体がダメージを受けていることだといわれています。

セルライトは、下半身に発生しやすく、下半身が太りやすくなる原因につながります。
食生活の乱れ、多量の飲酒、喫煙、運動不足などがセルライトの発生につながり、果物や海藻類などのカリウムを多く含む食べ物を食べることが少なくなると、体内の水分の流れを悪くして、良くありません。

足を組んだり、正座をするなど姿勢の悪い習慣がつくこともリンパ管などの圧迫などから体内の水分の流れに悪い影響を与えます。

すなわち、下半身太りには生活習慣が大きくかかわっており、また、食生活の乱れなどが引き起こしている場合が多いので、それらの乱れや習慣を改善していくことが予防のひとつとなります。

改善せずそのままほうっておくと中年太りになり、年を取ってくると若い時に比べて基礎代謝が下がるので、当然体が消費するカロリーが少なくなっていき、若い頃と同じ食事量を続けると消費するカロリーが少ないのだから脂肪として体に蓄積されていくのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:下半身

このページの先頭へ