下半身ダイエット方法として、長時間のウォーキングが有効とされています

人間の体型には形質があり、お尻が大きい、関節が太い、骨格ががっちりしているといった生まれつきの特徴があります。
特に下半身の太さに悩みを持つ人がさまざまな「下半身ダイエット方法」を試みますが、下半身を細くするダイエット方法は生まれては消えの繰り返しです。

ダイエットの大きな障害は、やらなければならないことを先延ばしにしてしまったり、予定を立てることが出来ない、好き嫌いが多きといった正確が妨げとなっているケースが多いものです。

また、ダイエットに効果的といわれているストレッチや半身浴、脂肪燃焼とは因果関係がありません。
ストレッチで痩せたと思われているほとんどは、合わせて行われている食事管理や運動などの効果が出ていて勘違いしているケースが多いのです。

半身浴は汗をかいた水分の量だけ体重が減ったということです。
どのようなダイエット方法が有効なのかというと、さまざまな方法の中でも、下半身太りにはウォーキングが有効とされています。

ウォーキングは有酸素運動なので脂肪を燃焼させる効果があり、下半身太りの解消に効果がありますが、ただだらだらと歩いても効果はありません。
腕をしっかり振って歩くことにより、体のいろいろな部分の筋肉を使うため負荷がかかり、結果エネルギーを消費させ脂肪を燃焼させます。

歩き出してすぐに脂肪が燃焼するのではなく、歩き続けて20分以降から脂肪が燃焼し始めるので長い時間ウォーキングすることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:下半身

このページの先頭へ