女性に多い下半身肥満は、洋ナシ型肥満とも呼ばれています

女性にとって特に気になる肥満の種類は、その特徴によって細かく分かれており、その種類を間違えて解釈していると、間違った対策やダイエットなどの方法をとってしまうことになるため、よけいに痩せにくくなる原因となります。
女性に多い肥満のタイプとされているものに、下半身肥満があります。

別名を洋ナシ型肥満とも呼んでいるこの肥満の特徴として、下腹やお尻、太ももといった、下半身の範囲に脂肪が付きやすいという点がまずあります。

周りから見ると、体の下側を中心に太って見えるため、その見た目から洋ナシ型と呼ばれる語源にもなっています。
第2の特徴として、このタイプは、皮膚の付近に脂肪が付く皮下脂肪型の付き方をすることです。

もともと皮下脂肪は女性に多く、主に妊娠や出産の際のエネルギー貯蔵庫の役割を持っていますが、普段から脂肪を溜め過ぎているとセルライトをはじめとした皮下脂肪による弊害も多く出てきます。

特に皮下脂肪は1度付くと分解されにくい脂肪であるため、1度できたセルライトも取り除くことが難しいことが知られています。
したがって、これらの特徴から下半身肥満の予防・解消には長期的な対策を組む必要があります。

まず、下半身肥満を持つ人の体質として、脂肪を溜めやすい、あるいはその分解能力が低い場合が多いため、食事では油脂の摂取をなるべく控え、脂肪分解を助けるビタミンを多く摂ることが望まれます。

また体の冷えによって皮下脂肪が燃えにくくなるため、冷たい飲み物やいわゆる体を冷やす食材を控えることも必要です。

運動面では有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて行う必要があります。
さらに皮膚の真下にある脂肪に対して、マッサージなどの外的刺激で血行を促すことも併行すると、より燃焼効果が期待できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:下半身

このページの先頭へ