子供の頃から下半身を強化する必要性

発育途上にある子供の頃から下半身を含む筋肉トレーニングなどを行うことは必要が無いと言われています。

年齢や各々の発達状態にもよりますが、過度な運動を強いると、筋肉が邪魔をして身長が伸びなかったり、手足や腰、背中などあらゆる関節部分に障害が出てしまうこともあるといいます。

しかし一方ではプロのスポーツ選手や、世界で活躍する各種運動系の選手では幼少期からトレーニングを続けており、その成果によって地位を得ている方も数多く存在しています。

例えば球技を行う選手では幼少期から少年チームなどに所属をして、過酷なトレーニングをしており、尚且つ体が大きいという特徴も現実としてあるために、一概に幼少期からの筋肉トレーニングによって体の成長が止まるとは言えないこともあります。

しかし体操競技や対戦競技、陸上競技の一部種目では偶然とは思えないほどの体系の小柄さが目立つこともあります。

この場合では、体重別などで競技が行われる種目に関しては、目的を達成することはできるので問題は無いともいえます。
一般的には小学生では発達途上で、中学生になると持久力などが付き、高校生になると骨格から筋肉などが出来上がるといわれています。

そのため下半身を強化するためには、高校生になるまでは過度なトレーニングを避け、適度なランニングなどを行うことが必要で、高校生以降には、より筋肉を発達させるために、負荷をかけた筋肉トレーニングを行うことが有効的な手段といえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:下半身

このページの先頭へ