脂肪吸引を浜松で受けるなら

脂肪吸引は、ダイエットしてもなかなか減らない頑固な脂肪を短時間で減らすことが出来る美容外科手術で、脚・腕・お腹などの部分痩せに効果的で、脂肪細胞そのものを減らすことが出来るのでリバウンドの心配がありません。

カニューレと呼ばれる管を差し込み皮下脂肪を吸引するという方法が主流で、近年では技術面と安全性も向上して施術跡が目立たなくなり、出血も抑える事が出来るようになってきています。

静岡県浜松市に浜松院を構える共立美容外科は、日帰りの脂肪吸引手術を日本で初めて開始し、全国16院の年間症例数が2,000を超す豊富な実績を持つクリニックです。
20年以上の経験を持ち、特許取得の「KBシース」を使用した傷跡の分からない吸引を開発し、安全面と仕上がりを重視したクオリティの高いクリニックと言えます。

浜松中央クリニックは入念なカウンセリングを行い、痩せたいところだけを確実に脂肪吸引しています。
皮膚や筋肉に近いところは脂肪をあえて残すことで、皮膚の凸凹を防ぎ、肌の張りを保ちます。

特に顔は一番目立つ部分ですが、耳たぶの付け根部分やあごの裏から吸引しますので傷跡は目立ちません。
さらに、1回の施術ですっきりとしたフェイスラインと小顔が手に入ります。

とはいえ、すべての脂肪を完全に取り除くことは不可能ですし、女性らしいプロポーションとはバランスよく適度な脂肪が残っていて成り立つものです。
無料のカウンセリングなどで疑問や不安を解消してから、信頼できるクリニックで施術を受けるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ