湘南美容外科では脂肪吸引の手術を行なっています

湘南美容外科は日本国内に36院ある大きなクリニックで、美容に関する様々な診療科を開設していて、脂肪吸引の手術も行なっています。

脂肪吸引とは、ダイエットをしてもリバウンドを繰り返してしまう人や部分的に痩せたい人が皮下脂肪を吸引して取り除く方法で、湘南美容外科では、まず超音波を用いて皮下脂肪を柔らかくし、麻酔のかかった状態で傷跡が目立たない部位に約5ミリほどの入り口を作ります。

脂肪層にある毛細血管を収縮させる止血剤の含まれたチューメセントと言われる麻酔液を注入してから、体内式スマートリポレーザーという器具を使用し、血管を収縮させて手術中や術後の内出血を少なく抑えます。このレーザーを使用する事で、術後のでこぼこやたるみを解消し、吸引量を2割ほどアップさせられます。

そして、カニューレという2ミリから4ミリほどの細い管を使用し、吸引器具で滑らかに脂肪を吸引します。他にも、今まで難しいと言われていたセルライトの脂肪吸引も行なっていて、ventXという通常の2倍の吸引力を持つ特殊な吸引管を使用し、6方向に吸引孔があり大きくて刃のない吸引管なので、体への負担を最小限に抑える事ができます。

吸引力が2倍と取り扱いが難しい機械ですが、湘南美容外科にはベイザー脂肪吸引認定医が多数在籍しているので安心です。

また、理想のボディラインを形成して行う4Dスカルプという施術もあります。
まずは無料のカウンセリングを受けてから、検討する事をおすすめします。
メールでも無料相談を行なっているので、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ