注目のプチ脂肪吸引について

国際美容外科協会の発表によると、2011年に日本で最も頻繁に行われた美容整形手術は、脂肪吸引という結果でした。

とは言え、18歳から39歳の女性12,997人を対象に「プチ整形を含む美容整形を今までにした経験があるか」というアンケートをある会社でインターネット調査した所、経験済みという回答はわずか11.3%に留まりました。

しかし、美容外科に訪れる患者の初めて美容整形した年齢は10代から80代までとばらつきがあり、この事から「経験なし」の回答の中には「これから受けるが今はまだやっていない」と言う予備軍が多く含まれている事がうかがえます。

更に最近では、従来の様な本格的な吸引ではなく、身体に掛かる負担が少なく、値段も比較的安価なプチ脂肪吸引が各院で行われており注目を集めています。

プチ脂肪吸引の方法を具体的に説明すると、湘南美容外科クリニックで行われるプチ痩せ脂肪吸引は、外側からレーザーを照射し、体内の脂肪組織を分解したのち、吸引管で脂肪を吸引する方法を取っています。
価格も、根こそぎ吸引するコースだと二の腕で252,000円に対し、プチ痩せは70,000円と非常に安価です。

品川美容外科で行なっているのはプチ脂肪解消注射で、薬剤により脂肪成分の分解を促進します。
ですから膝上や二の腕といった箇所をもう少し細くしたいという希望を体を切らずに叶えることが出来、10分程度の施術時間と洗髪やシャワーも施術当日から可能な事が魅力です。

費用は1ヶ所13,700円で、お試しメニューや4か月間の本格コースを利用すれば、割引価格でお得に実行出来ます。
この様に、手軽で安価に行えるプチ脂肪吸引はこれからますます需要が高まるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ