脂肪吸引をするなら安心出来る名医の下で行いましょう

脂肪細胞自体の数を減らしてリバウンドが起こりにくくなるといった、夢のような方法で痩せられるのが脂肪吸引です。
基本的に脂肪細胞は増えたり減ったりせず、ダイエットで運動や食事制限を行なっても小さくなるだけであって数自体は変わりません。

しかし、吸引手術はカニューレと呼ばれる金属の細い管を使い、脂肪細胞を直接吸い込むため術後は脂肪が付きにくくなりますし、難しいと言われる部分痩せが可能なのです。
このような痩身手術をするには、やはり評判の良い医師の下で施術してもらうのが1番でしょう。

脂肪吸引したことを後悔しないように、行って良かったと思えるためにも優れた腕を持つ名医を探すことをお勧めします。
例えば、共立美容外科の久次米秋人医師はこの美容外科のCEO兼総括院長を務めており、日本美容外科学会認定専門医の資格も持つ医師です。

「患者さんの立場に立った美容医療を行う」という理念の下で共立美容外科を創立し、2010年の時点では全国に17院も開院をしています。
久次米医師が得意とする脂肪吸引は共立式KB吸引と言い、これは出血が少なく綺麗に脂肪を取り除ける痩身手術法です。

また、高須クリニックの高須克弥医師も名医と呼ばれる内の1人です。
脂肪を吸引する手術を日本に普及させた第一人者であり、自分の体に施術をすることで最先端美容整形の安全性を証明しています。

日本美容外科医師会事務局長を務め、アメリカ美容外科学会認定医の資格も持つ高須医師が得意とする吸引手術はスムースライポサクションで、これはお尻などの大きなパーツを1回の治療で多く取り除くことが出来ます。
こういった全国でも評判の良い名医の下で治療を受けてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ