腕痩せをしたいなら脂肪吸引をしてみませんか

腕を細くしたいと願い、運動をしたりダイエットの器具を使用したりしますが、自分の理想通りにするのは並大抵の努力では難しいのではないでしょうか。
二の腕には、2種類の筋肉が付いています。

上腕二頭筋が内側の筋肉で力こぶが出来る部位を指し、物を自分の近くに引き寄せる際に使われており、これは普段の生活でよく使用されます。
一方の上腕三頭筋は物を押し出す時に使用されるのですが、日常生活上ほとんどこの動作を使わないため、自然と筋肉が少なくなり、脂肪が付きやすくなるのです。

そういった痩せづらいこの部分をどう細くするかと言うと、脂肪細胞そのものを吸い取ってしまう脂肪吸引がひとつの方法として挙げられます。
全ての脂肪細胞を取るわけではありませんが、細胞の数を減らしてしまうのでリバウンドが起きにくく、非常に魅力的な痩身術です。

この部位なら面積も狭く、皮膚の層が浅いので太ももやウエストなどの他の部分よりも手術時間は短くて済みます。
吸引後のケアがとても重要なポイントで、この術後ケアをしっかり行わないと腫れが引いた後に皮膚が凸凹になってしまって、綺麗な仕上がりにならない場合もあり得ます。

そのケアとは、患部を濡らさないよう術後1週間は入浴を控えることと、腫れや内出血を抑えるためプロテクターのような専用の物で固定する圧迫固定を行うなど様々で、担当医の指導の下で行う必要があります。
脂肪吸引後のケアを行えば、ほっそりとした美しいラインの二の腕になれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ