美しくなるための脂肪吸引は大阪で受けられます

近年、美しい体を手に入れるべく脂肪吸引をする人が増えています。
脂肪を吸引する方法は、1920年代にフィッシャーによって初めて行われ、1977年にイルーズ医師が始めたカニューレ吸引法が現在の主流です。

カニューレと呼ばれる吸引管で細くしたい部位の脂肪細胞を吸い込み、体のラインを整えていきます。
脂肪細胞自体を吸引するので、ダイエットをした後に元の体重に戻ってしまったり、それ以上になるリバウンドの心配はありませんし、気になる所だけ痩せられます。

そんな痩身術の出来る施設が大阪には密集しています。
全国展開し、大阪には4店舗がある湘南美容外科クリニックは、専門医による安全な脂肪吸引で部分痩せを可能としています。

コースも様々で、例えば「ZEROセルライト」なら、通常の2倍もの吸引力を持つ特殊な吸引管を使うので、体の負担を最小限に抑えながらセルライトを吸い込めます。

他にも、「1Day Slim Body」のコースでは、その名の通り短期間ですぐに痩せたいと願う人々にお勧めで、カウンセリングから手術までを1日で行い、翌日から普段の生活に戻れるため通院の必要はありません。
また、別の施設、大阪市北区内の聖心美容外科は、西梅田駅から徒歩5分と好立地の場所に位置しています。

「ベイザーリポ2.2」という機械を使用して行われる脂肪吸引は、体内に集まっている脂肪細胞同士を緩めて、その離れた状態で吸引をするため、筋肉や血管等へのダメージがほぼなく、体への負担も非常に軽いのが特徴です。
様々な特徴を持つ脂肪吸引は、部分痩せも可能にする痩身術であり、大きな魅力を持つ痩身法と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ