超音波脂肪吸引について

脂肪吸引は、ストローの様な特殊な吸引器を体内の皮下脂肪に挿入し吸引する手術のことです。
この手術により、臀部や太もも、腹部や顎といった、狙った部位の皮下脂肪を直接減らすことができます。

脂肪細胞そのものを吸引するため、一度行えばその部位はほとんどリバウンドをしません。
希望の部位が確実にかつ短時間で痩せることができ、またそれが持続する手術です。
脂肪吸引には、超音波を使ったものがあります。

超音波は人間の耳には聞こえない高い振動数を持つ音波で、そのエネルギーを直接脂肪に当てることで、脂肪細胞を破壊し、柔らかくすることで吸引しやすくします。

超音波脂肪吸引には、吸引器の先端から超音波を発し、脂肪細胞を破壊しつつ吸引する体内式と、体外から吸引したい部位にあらかじめ超音波を照射して、脂肪を柔らかくしてから吸引する体外式があります。

いずれも、術中や術後の腫れや痛みが少ないとされ、体外式の場合は、吸引した脂肪を胸など他の部位に再注入することも可能です。
また、これらの術式を更に進化させたものとして、特殊な超音波であるベイザー波を使ったものも生み出されています。

脂肪を融解させる力が強く、かつ血管や神経への影響を最小に抑えることができるため、出血が少なくて済み、手術時間も短縮されます。
また、体外式と同じく吸引した脂肪の再注入への利用もできるほか、肌を引き締める効果によって、術後に皮膚が弛んでしまうといったこともありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ