昔と今のお腹などの脂肪吸引の違い

お腹についた脂肪は内臓脂肪が多く、脂肪吸引でもなかなか取れるものではありません。
しかし、皮下脂肪としてついている脂肪は吸引可能であり、効果を得られるとされています。

脂肪を吸引する場合は、カニューレと呼ばれる、細い針のような管を利用して必要量を吸引していきます。
この時、同じ箇所から必要量を超えて吸引してしまうと、その部分だけが極端に凹んでしまい、皮膚の表面を見ると異常なほどの凹みがあらわれる事があります。

ですから、上手に吸引をしていかないと肌全体がデコボコになる事もあるのです。
そのため、脂肪吸引を行う場合は、脂肪を単に吸引するだけではなく、バランスよく吸引を行う事が必要であり、デザイン性を必要とする施術でもあります。

脂肪を吸引する場合、皮下脂肪となる脂肪を吸引していきますが、吸引された脂肪を見ると、そこには血液らしきものが蓄積されているのが分かります。
脂肪細胞を吸引するのが脂肪吸引ですが、カニューレを使い吸引をしていきますので、血管などに傷が付いて、そこから出血をするケースもあり、脂肪には血液が混じる場合があるのです。

しかし、最近の医療技術は進歩しており、従来のように血液が混じる事は少なくなっています。

因みに、従来の吸引施術では、脂肪細胞を採取する際に血管などを傷つけてしまう事からも大量の出血となり、輸血を行いながらの吸引が一般的であったとも言われています。
現在では輸血をせずに吸引施術が可能なので、技術の進歩と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ