脂肪吸引の症例として、手術後は脂肪が付きにくい理想の体型を手に入れることができます

脂肪吸引とは、吸引管を使って細くしたい部分の脂肪細胞を吸引し、ボディラインを整える痩身方法です。
この方法の良い点は、一般的なダイエットとは異なり、脂肪細胞自体を吸引するため、「リバウンド」症例の心配がほとんどないことが挙げられます。

脂肪細胞が大きくなったり小さくなったりすることで太ったり痩せたりするので、この脂肪細胞自体をなくす方法は、希望の体型になりやすいと言えますし、気になる部分のみ痩せられるというメリットがあります。

また、吸引では太る原因である細胞を減少させるので、個人差はあるものの、症例として手術後は脂肪が付きにくい体を手に入れることができます。

脂肪吸引の種類として、超音波を用い皮下脂肪を柔らかくして吸引する方法と、高周波の熱や水の噴霧で負担を軽減しつつ細胞を吸引する方法、脂肪融解レーザーで脂肪を融解する方法、脂肪溶解注射で直接作用させ、脂肪を溶解させる方法とさまざまありますので、自分に合った方法をカウンセリングにより探し、無理のない施術をうけ、理想の体型を手に入れましょう。

脂肪吸引できる箇所には、顔や二の腕、お腹まわり、おしり、太もも、ふくらはぎ等があります。

ただし、脂肪を吸引するだけではなく、残った脂肪をどのように配置させるか等は先生の技量にかかってくるので、納得いくように話し合い、方法を選択していくことをお勧めします。
一回行ってしまってからでは戻れませんので、注意して病院を選んでください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ