脂肪吸引の施術法は、合併症のリスクもほとんどなくなりました

皆さんは、脂肪吸引を経験されたことがありますか。
かつての方法は、出血量が多く必ず輸血を必要とするものでした。
また、腫れや出血といった合併症も多かったようです。

しかし、今は技術の進歩により、輸血の必要となるケースは大幅に減少して、合併症のリスクもほとんどなくなり、施術方法もさまざまな方法がとられています。
ここでは、主な脂肪吸引方法を紹介します。

まずは、メソセラピーです。
これは、ホスファチジルコリンと呼ばれる薬剤を注射で投与して、脂肪を溶かし、体外に排出したり代謝を促進させる脂肪除去法で、体への負担やリスクが少ないという特徴があります。

また、海外で有名なシリンジ法というものもあり、吸引管を手術の際に使わず、陰圧のかかる注射器で目的の脂肪を除去(吸い出す)していく方法で、この方法のメリットは、出血や痛みが少なく回復が早いのが特徴です。
また、吸引量を正確に測ることができるので、身体のラインを微調整することができます。

それから、超音波脂肪吸引法という方法もあり、超音波の振動を利用して脂肪組織を柔らかくし、吸引を行う方法です。
この吸引法には、「体内式」と「体外式」の2種類の方法があります。
技術は日々進化していき、次々と新しい方法が開発されています。

しかし、どんなに素晴らしいやり方でも、その手順を間違って行ったのでは意味がありません。
ですから、皆さんが受ける時は信用のおけるクリニックを探して、安心して施術を受けられるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ