脂肪吸引リスクを知っておこう

医療施術はいかなる場合においても100%の成功率はありませんし、それにはそれなりのリスクも伴います。
これから脂肪吸引を行うことを検討している方は、脂肪吸引のリスクも踏まえたうえで、納得してから施術を受けるのがいいでしょう。

脂肪吸引リスクとは、要は脂肪吸引の失敗です。
例えば、皮膚表面に凹凸ができてしまった、脂肪の取り残しがあった、効果がでていない、傷跡が残ってしまった、神経損傷による感覚異常があるなどがあります。
また、稀ですが、最悪なケースとして内臓の損傷や麻酔にて死亡するケースもあります。

最近は医療技術が進歩しており、脂肪吸引の機械も性能が上がっているので、大きなトラブルは起きないようになってきていますが、それでもノーリスクというわけではありません。
こういったリスクを知ってしまうと、脂肪吸引をするのを躊躇してしまうようになりますが、過剰に心配しすぎることもないでしょう。

そもそも、上記のような失敗には共通する要因があって、衛生管理のなされていないクリニックでの施術や、古い機材を使用していたり、医師の技術力不足というのが主な原因としてあげられます。

言い換えれば、衛生管理がされたクリニックで、最新の機材を使用し、脂肪吸引に関する知識と技術力を持った医師が施術を行えば、ローリスクで行えるということです。
リスクを無視することはできませんが、ハイリスクで施術を受けるか、ローリスクで施術を受けるかは自分次第になるので、慎重にクリニックを検討しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ