脂肪吸引手術と脂肪溶解注射の違い

短時間で効果的な部分痩せを希望する時に、クリニックで行う方法としては、脂肪吸引や脂肪溶解注射があります。
脂肪吸引は周知のとおり、皮膚を切開して部分痩せしたい部位の脂肪を吸い出す手術です。

体の負担が大きいというリスクがありましたが、今は脂肪を遊離させて毛細血管や筋組織を極力傷つけずに、脂肪のみを取り出すことも可能になりました。

その結果、従来の吸引に比べて痛みなどの不快な症状も大幅に少なくなり、たるみもほとんどない上、70%しか取ることができなかった皮下脂肪を最高90%程度まで吸引できるようになりました。

ドクターの腕によって、吸引後の肌がでこぼこになったりするトラブルも起こりえますが、信頼性のあるクリニックで施術を受けると、他のどんな方法よりも短期間に確実に部分痩せをすることができます。

また、吸引した脂肪は本人への定着率が高いため、胸などに注入してメリハリのあるスタイルを作ることも可能です。
対して、脂肪溶解注射は部分痩せしたい部位に植物由来の脂肪溶解液を注入する方法です。

手術のように肌を切る必要がありませんので、安心して受けることができます。
脂肪溶解液はゆっくりと浸透していき、表皮がでこぼこになることも無く徐々に体外へ排出されていきます。

確実に効果を得るには数回の注射が必要ですが、ダウンタイムがほとんどないため、すぐに日常生活に戻れます。
腫れなどの症状も目立ちませんので、薄着の季節でも安心して受けられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ