脂肪吸引を行いダウンタイム中の痛みを軽減する方法

脂肪吸引は、身体の中にある余分な脂肪をカニューレと呼ばれる細い注射針のような物を施術を行う箇所に刺し、そこにある余分な脂肪を吸引していく事をいいます。
ダイエットをしても中々取れない脂肪を吸引する事で効果が得られるため注目を浴びています。

吸引を行う時は麻酔をしますので痛みと言うものは起きないと言います。
ですが、施術後のダウンタイムにはそれなりの痛みが起きるのです。
今まで長い期間で蓄積されてきた脂肪を短時間で吸引をしますので、痛みが起きるのは当然ではないでしょうか。

因みにダウンタイムというのは、手術を行い回復した後、以前のような生活に戻れるようになるまでの間の事を意味しています。
そのため、回復するまでの時間が長くなるほど、痛みが起きる可能性も高くなると言う事です。

施術を行うクリニックや病院などはこのダウンタイムが短くなるように、様々な工夫を行い回復を早める事をします。
例えば、高周波治療を行いマッサージを行ったり、痛み止めを投与したり、貼るタイプの痛み止めを併用したりします。

痛み止めは身体に蓄積されると言われており、あまり良いものではありませんが、痛みなどの身体の負担を考えると痛み止めを利用する方が良いとも言います。
また、痛み止めは長く飲み続けるものではないので、体内に蓄積される量も少なくなります。

これらは医師の考え方で多少差というものはありますが、施術を受ける時はこの痛みの軽減の方法を確認する事も大切かもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ