切らない脂肪吸引なら傷口の心配いらずでスリムなライン

下腹や二の腕、太もも、お尻などの部分的についたお肉は、引き締め運動や体操で取ろうとしてもなかなか効果が出ません。
かといって、脂肪吸引で取るのは傷口が残るのが心配でなかなか踏み出せない人が多いと思います。

でも、諦める事は無いのです。
今はなんと、切らない脂肪吸引と呼ばれる技術があるのです。
それは脂肪溶解注射(メソテラピー)とカーボメッド、BTB脂肪排泄システム、インティバなどの施術方法です。

脂肪溶解注射(メソテラピー)は、フランスの医師によって考案された皮下組織に脂肪を溶解させる薬剤を注射する方法です。
カーボメッドは余分に脂肪がついている部分に炭酸ガスを注入して新陳代謝を促す技術。

BTB脂肪排泄システムは、スタイリングマシーンを使い痩せたい部分をローリングして、脂肪やセルライトを分解してからデトックスマシーンを使い、後日尿や便と共に体外へ排出させる方法。

インティバは高周波を痩せたい部分にあてて、細胞組織を活性化させ、脂肪を燃焼させる技術。

ざっと書いてみましたが、どれもそれなりに効果が高そうです。
どの施術方法が貴方の脂肪に合っているかは、やはり直接美容整形外科に聞いてみるしかありません。

個人の脂肪のつき方、痩せたい部位、料金との兼ね合いがありますから、資料を取り寄せたり、電話相談、または直接医院に相談する事をお勧めします。
切らない脂肪吸引で長年のコンプレックスと気になるお肉とお別れして、スリムなラインを手に入れて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ