脂肪吸引にはいろいろな手術方法があります

脂肪吸引にはいろいろと方法があります。
まず、切ってその間から脂肪を切りとって除去する方法が一つ。
これがもっともポピュラーな方法で、一番術数の多いものでしょう。
今まではこの方法しかなかったのですが、今では色々と違う方法があります。

目新しいものでは、ジェット水流による脂肪を吸引をする方法です。
どんな脂肪吸引でもそうですが、これもリバウンドの心配はありません。
ジェット水流により脂肪を融解、吸収するので殆ど痛みはありません。

欠点としては、従来の脂肪吸引と違って大量の脂肪を吸引することはできないのと、時間がかかることがデメリットと言えます。
治療後は内出血や腫れがないので、すぐに家に帰って次の日から仕事に戻れます。

次いで、レーザーによる手術があります。
脂肪を取りたい部分を直接融解させるので出血もありませんし、傷痕が残りませんし、後遺症もありません。
今後、この方法が増加していくと言われています。

次は、ライボマティックという手術です。
これはまだまだ日本ではあまり普及していない方法ですが、レーザーとならんで今後、主流となるだろうと考えられている方法です。
一度に取れる脂肪が多く、広範囲の脂肪を取ることができます。

吸引時間も短く、こちらも内出血もないため、身体の負担も少なくて済みます。
治療跡の凹凸がなく、驚くほど綺麗な仕上がりになります。
ただ、この手術ができる病院は数えるほどしかないので、施術を受けたいのならよく調べる必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ