脂肪吸引は、最近チューメント法を取り入れるクリニックが多いと言います

脂肪が多くある場所から永久的に脂肪組織を除去して、体型を整える手法を脂肪吸引と言います。
脂肪を吸引する時にりようされるのはカニューレと呼ばれる治療器具です。
とても細い針状の治療器具で、これを脂肪を除去したい箇所に差込、吸引していきます。

因みに、吸引した脂肪を使い豊胸を行う事も可能ですが、豊胸で利用出来る脂肪は、定着率を高めるためにも細胞組織を破壊する事無く吸引を行う必要が有ると言われています。

お腹や背中などにある脂肪、二の腕にある脂肪など、場所を選ばず吸引が可能になりますが、脂肪吸引を行う際に重要な事はデザインを考慮した施術を行う事です。
デザインを無視した形で脂肪を吸い取ってしまうと、凹凸になる事もあり、肌がデコボコした形になってしまいます。

最近は、鎮静効果や脂肪細胞をふやかして吸引しやすくすると言うチューメセント法を取り入れているクリニックが多いと言います。
これは吸引を行う前に脂肪細胞をふやかしたり、鎮静効果を得る溶液を注入する方法です。

従来の吸引では血液の出血が多くあることからも、吸引処理を行う際には輸血が必要でした。
しかし、このチューメセント法を取り入れる事で止血作用が有り、輸血を行わずに吸引を行う事が可能になったのです。

吸引前に注入する溶液は、止血作用や麻酔の効果を高めてくれるエピネフリンや、局所麻酔剤となるリドカインと呼ばれる薬剤を生理食塩水で希釈したもので、これを利用する事で鎮静効果と出血の抑制を可能にしてくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脂肪吸引

このページの先頭へ