くびれを作るには、普段意識しない脇腹の筋肉を集中して筋トレ

女性なら誰もが憧れるくびれですが、ただ腹筋や腕立てなどの筋トレをしたら手に入るものだと思ったら大間違いです。
痩せたいと思う部分などによって運動の仕方が違いがある為、ちゃんと調べてからでないと運動が無駄になってしまうことがあります。

意外と知らないのが腹直筋と腹斜筋が違うと言うことです。
お腹の肉を落としてくびれを作りたいと思った際に腹筋を始める人も多いかと思いますが、腹筋を何回してもくびれには効果はあまり期待できません。

腹直筋はおへその周りの筋肉を鍛える運動です。
メリハリのあるウエスト作りの筋トレは腹斜筋を引き締める運動が必要です。
横の脇腹を鍛えることにより手に入れる事ができるのです。

腹斜筋の簡単な鍛え方は仕事中など椅子に座っている時なども少しだけ体をねじってどちらかの脇腹に力をいれてとめてみます、お腹にちゃんと力が入っているか確かめながら行いましょう。
これなら普段の生活で簡単に取り入れる事ができます。

家でやる様々な運動にもツイストを加えることで腹斜筋に意識がいき通常の腹筋しているよりも効果があります。
年齢を重ねるとどんどん顔も体もたるんでくるのは自然な現象です。

しかしお腹周りは体の中心部分であり、年齢とともに腹部の両サイドが支えきれなくなるたるんでくるとウエストがなくなってしまいます。
普段から腹筋はもちろんですが、今まであまり意識しなかった脇腹の筋肉を集中して筋トレする事で今まで感じなかった効果を感じる事ができるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:くびれ

このページの先頭へ