驚くほどウエストがくびれる効果的な体操

ウエストのくびれを作る効果的な体操をお教えします。
まずその前にウエストのくびれを作るためには、どの筋肉を使えば良いのか、理解しておく必要性があり、当然、腹筋ということにはなるのですが、腹筋と言っても細かく分けると色々な部位があります。

くびれを手に入れるには、そこまで詳しいことを頭に入れる必要はないので、大きく分けて腹部は前腹部、中腹部、後腹部の3つに分けられることをまず理解しておきましょう。
鍛えるべき腹筋はおなかの上の部分、下の部分、わきの部分、とこの3つの部分を鍛える必要があるのでが、実際に効果的なウエストの体操について紹介します。

まず、おなかの上の部分の体操です。
これは仰向けに寝ます。
そして膝を曲げます。
腹筋運動の際に重要なのは膝を曲げることで、そうしないと腰を痛める原因になります。

それから、両腕を頭の後ろにもっていき、指を組み、頭を上げます。
この状態で少し上体をあげます。
少しで構いません。

息を吐きながら上体をあげ、吸いながら上体を床に戻す。
この繰り返しです。
下腹部の運動は、上腹部の運動とほぼ同様の状態で、ただし膝は軽くまげる程度にして下さい。

そのまま脚を上げます。
あげるときに息を吐き、下ろすときは吐きます。
わきを鍛えるのは、仰向けに寝て、脚を床に対して垂直に伸ばし、膝を直角に曲げます。

その状態で両膝を左右交互に床に倒します。
重要なのは、負荷ではなく回数で、鍛えるべき部位を意識しながら運動することで、より効果的なウエストくびれ体操になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:くびれ

このページの先頭へ