ストレッチで大腰筋と臀筋を鍛えヒップアップを狙う

短距離を走る女性走者のお尻の位置は高く、太腿との境目がはっきりして美しいヒップラインをしています。
それは、ヒップを形成する臀筋が発達している事に加え、腹部の大腰筋が鍛えられているからです。

走る動作は脚を体に引き上げ、後ろに強く蹴りだす動作の繰り返しです。
引き上げる動作は大腰筋を使い、蹴りだす動作で臀筋を使います。
この臀筋と大腰筋は互いに相互する一対の筋肉ですから、両方を鍛えると効率よくヒップアップ出来ます。

しかし、一般人ではアスリートのような筋肉の使い方をするのは難しいので、まずは両方の筋肉を刺激するストレッチから始めてみましょう。
まず、臀筋に効くストレッチは、仰向けに寝て右足を組み、左足のスネを持って胸の方へ引き寄せ20秒間姿勢を保ちます。

この時に左右に傾けると伸びる場所が変わって来ますので、余裕があれば傾ける動きも加えましょう。
この動作を、左右交互に2セット行います。
次に、大腰筋を鍛えるストレッチです。
まずうつ伏せ寝の状態から両手を前につき、上体を反らします。

出来るだけお尻や脚の力を抜き、腰骨が床から浮き上がらないように行います。
身体を伸ばしたら左右それぞれに捻り、10秒ずつ姿勢をキープします。
デスクワークや車の運転等、日常生活のほとんどの場面で前屈みの姿勢を取り、腰を丸めた状態で過ごしている人は少なくありません。

このストレッチは腰痛にも効果があり、そのような人の姿勢を正す役割もあるので非常にお勧めです。
さらにエクササイズを加えれば、早期にヒップアップが狙えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヒップアップ

このページの先頭へ