ヒップアップスクワットでは脚を開くと効果的です

ヒップアップスクワットは文字通りヒップアップに効果的なトレーニングです。
脚を開いて立ち、膝を曲げて腰を落とし、また立ち上がる。
この動作をスクワットといいます。
しゃがんで起きて、しゃがんで起きての繰り返し運動です。

プロレスラーにとって必須のトレーニングですが、しゃがんだ後に起き上がる時の負荷でお尻の筋肉が鍛えられ、結果的にヒップアップするのです。
具体的なスクワットの方法ですが、太腿の筋肉強化よりもお尻にスポットを当てたい方は、脚を大きく開いてスクワットをすることをお勧めします。

脚を開く幅は身長によって多少の違いはありますが、50cm前後が最良の幅です。
ここで大切なことは、つま先を外側に向けることです。
股関節の柔らかい方でしたら、両足のつま先が上半身の前面と一直線になるくらいまで開いてください。

その体勢で両手を頭の後ろで組みます。
そして、ゆっくりと腰を落としてください。
この時、上体がなるべく前屈みにならないように、上体を起こしたまま腰を沈めるような感じでしゃがみ込んでいきます。

そして、両脚の太腿が床と平行になるくらいまで腰を落としたら、ゆっくりと立ち上ってください。
この時に大切なことは、お尻の筋肉に意識を集中することです。
人間の身体は鍛えたい部分に意識を集中することでより鍛えられます。

この動作を20回繰り返してワンセットです。
最初は20回できなくても大丈夫ですが、このトレーニングを1日3回行うことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヒップアップ

このページの先頭へ