フェイシャルヨガはメディアでも取り上げられ、今注目されています

ヨガというと呼吸法を取り入れて体を動かすイメージがありますが、フェイシャルヨガと言われる顔のヨガもあります。
メディアなどでも取り上げられていて、若返りや小顔になるといった効果が得られると注目されています。

創始者は高津文美子氏で、顔の狭い範囲の中には約60種類と言われる表情筋という筋肉があり、この筋肉が心の状態を表現して笑ったり怒ったり悲しんだりといった複雑で微妙な表情を作っています。

また、言語にも深く関係している表情筋は、言葉を発する際にも使われていて、日本語は平均20%程度しか表情筋を使用しませんが、ドイツ語は80%使わないと発声ができないと言われています。

この顔のヨガは、通常のヨガ同様に呼吸法やゆっくりとした動きを取り入れることで、顔の筋肉を刺激してしなやかな弾力を取り戻し、血行やリンパの流れを促進して、新陳代謝を促します。表情筋は年齢と共に使わないと衰えていくので、同じ表情ばかりしていると表情癖というのがついてしまいます。

伸びきってしまった筋肉を収縮させて、弾力を取り戻すことでむくみやたるみ、クマやシワを解消し、引き締まった小顔やリフトアップにつながり、美肌へも効果を与えます。
誰でも簡単に行うことができますし、1日3分を1週間から2週間続けるだけで変化が現れます。

東京にはスタジオがあり体験希望者が殺到していますが、DVDなども発売されているので自宅でも手軽に行うことができます。
短期間で効果が現れるので、10年後の自分を想像して一度トライしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フェイシャル

このページの先頭へ