エステサロンを表参道で開業するならフェイシャル

表参道とは明治神宮の参道として作られた大通りを指しますが、そこを中心とする原宿・青山地区の周辺を含む一帯を称する事も一般的になっています。
表参道駅から原宿まで続くケヤキ並木は有名で、そこに沿って、ブランドショップやオフィス、商業施設が立ち並んでいます。

その空間は高級感が漂い、歩く人のファッションセンスや美意識は非常に高いです。
そんなおしゃれな街表参道にエステサロンを開業する際には、メニューに「フェイシャル」を入れる事をお勧めします。

なぜなら、エステメニューの中でフェイシャルは最もニーズが高いからで、フェイシャルエステは美肌効果の他に、肌トラブルの解消と小顔効果も期待できるので、幅広い年代の女性に人気があります。

例えば、ニキビに悩む10代に始まり、ホワイトニング世代の20~40代、若返りを求める50~80代の女性までと年齢を問いません。
痩身や脱毛などは一部の年代に偏りますが、フェイシャルはすべての年代の女性をターゲットに出来るので、安定した集客が見込めます。

お客さまに気に入っていただけたなら長年にわたり通って下さる可能性も高くなるので、魅力的なメニューと言えるでしょう。
また、美意識の高いお客様は自宅でのケアにも熱心ですので、お勧めすれば化粧品の売上も期待できます。

表参道のようなサロンの激戦区では、お客様の確保は簡単ではありません。
独自のメニューを展開して、他にはないサービスや流行をいち早く取り入れ、競合サロンとの差別化を図る事は重要で必要不可欠です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フェイシャル

このページの先頭へ