ゴールドフェイシャルと呼ばれるエステの概要について

フェイシャルとは、顔の表面を主な対象としたエステを指した言葉です。
肌荒れやくすみ、そばかすなど、気になる点に対する治療や対処を行うことが主な目的となっています。

こうしたフェイシャルエステに使われている道具や成分などによっていくつかの種類が挙げられますが、その1つに、ゴールドフェイシャルと呼ばれる方法があります。

文字通り金を使ったフェイシャルエステであるこの方法は、金の分子が持つ体内細胞への活性化に向けた刺激を与える作用を利用したアンチエイジングの目的を持つ方法です。
具体的な働きとして、金の分子が肌の表面に接触すると、まず肌に浸透していきます。

すると分子が持つマイナスイオンの周りにコラーゲンが作られやすくなり、イオンの周りにコラーゲンが絡みついていきます。
コラーゲンは肌の弾力性を支える構造をつくる材料となっており、これが肌のツヤや弾力を回復させる基となり、ゴールドフェイシャルによる効果の1つとなります。

また、抗酸化物質で分子構造の安定性が高い成分となっている金は、アレルギーなどの副作用への不安が少ないという利点も挙げられています。
実際の施術では、まず、クレンジングやマッサージなどで肌の手入れを行った後、金の添加を行うことが基本の流れです。

その際は、金をオイルやパックに混ぜ合わせて使用するケースが一般的で、本人の症状や懸念、あるいは担当医の施術方針によって違いがありますので、事前に調べておくことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フェイシャル

このページの先頭へ