炭酸泉フェイシャルは、お肌に優しく肌をしっとりとなめらかにしてくれます

150年もの前からヨーロッパの人から愛されていた炭酸泉が、今、日本でも注目されています。
ドイツの温泉保養地であるバーデンバーデンはあまりにも有名ですが、ドイツでは、炭酸泉を利用した様々な研究が行われています。

日本でも、温泉療法は古くからありますが、炭酸泉は少なく、10年前に人工の炭酸泉が開発されて、いろいろな治療に使われています。
炭酸泉の効果は美容だけではなく、身体の血流量を増加させ、動脈硬化を予防します。
動脈硬化を予防するということは、脳梗塞や糖尿病の予防につながります。

では、炭酸泉フェイシャルの場合はどうかというと、人の肌と同じpH、弱酸性でお肌に優しく、アストリンゼン効果があるため、肌をしっとりとなめらかにしてくれます。
血行促進効果で肌のトーンが明るくなり、継続することでくすみやにきび、しみや毛穴の開き、しわ、たるみなどの肌の悩みが解消されます。

炭酸水が経皮吸収され、血管が拡張されて血液量が増加することで、血液が酸素や栄養分を活発に運び、新陳代謝が上がります。

そして老廃物も運び、肌のターンオーバーを促進させるということです。
施術の流れとしては、メイク落としと洗顔をしてからの施術になり、だいだい15分間、炭酸泉を顔に浴びます。

鼻で呼吸できない、伝染性の疾患にかかっている、閉所恐怖症、体調が優れない、飲酒や眠気を誘う薬を服用している方は要相談となります。
炭酸泉を浴び終わったら、ローションで肌を整えて終了です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フェイシャル

このページの先頭へ