ハワイでフェイシャルエステを受ける時の注意点

ハワイでエステを受ける場合、マッサージとフェイシャルの両方を受けられる方もいますが、必ずマッサージから先に行い、フェイシャルは後に行う方がかなりの効果を得られます。

これは、マッサージで全身の循環を良くした後にフェイシャルを受けることで、単体で受ける数倍の効果を得ることができるからです。

また、ハワイの魅力として、綺麗な海、サーフィン、ゴルフなどのアウトドアでのアクティブなスポーツがたくさんありますが、エステを受けるからと、真っ赤になるまで日焼けをしてはいけません。

肌が炎症を起こし、過剰反応を起こす場合もあるので注意が必要です。
エステを受けた後にも、必ず日焼け対策は行いましょう。
一般的に紫外線が強いのは10時から14時ですが、ハワイでは夕方の日差しも侮れません。

また、エステの前には濃いメイクは望ましくありません。
アイメイクリムーバーでしっかりと落としてくれるサロンなら良いですが、施術後に、アイメイクが黒く残ってしまわないよう、エステの前にはメイクを控えるようにする必要があります。

スパではガウンに着替えて施術を受けることが多いですが、冷房が良く効いている場合があります。
トリートメント中に寒さを感じた場合は、我慢せずに施術者に伝えることが大事で、伝えればタオルやブランケットを掛けてもらえます。

最後に、不慣れな土地でスパに行くため、道に迷ったりしないようあらかじめ場所を確認しておくと不安がありません。
せっかくリラックスするために行くエステで、道に迷って汗をだらだらかいてしまうと楽しむことができないので気をつけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フェイシャル

このページの先頭へ