ふくらはぎ裏を少し痛みが出るくらいにマッサージすることが健康維持にも繋がります

健康な状態を維持するための秘訣の一つに、血液循環を良くしてスムーズにさせることが挙げられますが、その中で特にキーポイントとなるのがふくらはぎです。
ふくらはぎは心臓から一番遠くに位置する器官で、ここから動脈を通り体の各器官へ栄養などを行き渡らせ、再び心臓へと戻ってきます。

戻る血液をポンプのように押し出してくれる働きを持っているのがふくらはぎで、健康な状態であれば滞りなく心臓に血液が戻されます。
しかし、この部位の筋肉は下から上へ重力に逆らって上っていくことになりますので、その分の負担も大きく非常に疲れやすいです。

また、疲弊して筋肉が硬くなってくると、血液を心臓に戻すポンプ作用が十分に行えなくなり、結果的に心臓の負担が増えて、少ない血液を全身に送るために他の器官にも栄養がきちんと行き渡らなくなってしまいます。
こういった悪循環を断ち切る方法としては、ふくらはぎマッサージが最適です。

最初は硬くなった筋肉を解しますから痛みもそれなりに感じますが、丁寧に揉んでいくと徐々に柔らかくなり、皮膚にも張りが出てきます。
マッサージの方法は簡単で、膝下の裏を外側・中央・内側の3ヶ所に分けて揉み解し、特に痛みがあったりしこりなどが感じられる部分を重点的に行なっていきます。

少し痛いけれど気持ち良いくらいの強さでマッサージするのがベストですが、押した時にどうしても痛いといった場合には無理に揉まず、優しくさするだけでもよいでしょう。いつまでも元気な状態でい続けるために、ふくらはぎマッサージで健康を保ちましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ