筋肉質なふくらはぎは、普段の生活習慣で太くなってしまうことがあります

スカートやショートパンツを履く機会が多い女性にとって、見える部分というのは視線が気になります。特に膝下は目につく場所で、綺麗なふくらはぎは誰でも憧れるでしょう。アスリートやプロスポーツ選手は筋肉質な人が多いですが、普段の生活でも筋肉が付く場合があります。

それは外反母趾や足に合わない靴を履いていることで起こり、これが足が太くなる原因になります。外反母趾はヒールの高い靴を履く機会が多い女性がなりやすい症状で、足に合わない靴を履いていると足の指が浮いている状態で踏ん張ることができず、かかとと指の付け根だけを使った歩き方になってしまいます。

かかとと指の付け根の二点歩行では足の裏が不安定な状態のため、この不安定さを補おうとして脚の筋肉に負担がかかります。
このことで、蹴り出すときに足先が外方向に流れ、筋肉が外側にはみ出したように発達してしまうのです。

普段から人間は歩くという動作をしていますが、長い年月の間このような状態が毎日続けば、ふくらはぎの筋肉自体が太くなってしまうということに繋がります。

まずは筋肉の緊張をほぐすことが大切で、マッサージなどを行って筋肉を柔らかくし、靴は足に合うものを履くように心掛けましょう。
また、学生時代にスポーツをしていて筋肉質になっていた人が、その後全く運動をせずにいると筋肉にさらに脂肪がついて太くなるというケースもあります。

運動をすると筋肉は固くなりますが、アフターケアをせずに放置すると筋肉がガチガチになり、セルライトを作ったりむくみの原因になることもありますので、毎日のふくらはぎマッサージを行って、むくみやセルライトが付かないように気をつけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ