ふくらはぎの血管が浮き出る病気になる人が女性に多く見られます

ふくらはぎの血管が浮き出る病気になる人が女性に多く見られます。最初は足がだるい、重い、疲れやすいという症状から、むくみ、血管が目立つ、膨らんでピリピリする、寝ていて明け方によく足がつる、湿疹ができたりくるぶしの上が茶色くなっている、潰瘍ができているなどの症状がある場合は、下肢静脈瘤の可能性があります。

これは足の血管の病気で、血管は血液が流れる動脈と静脈があり、心臓から動脈を伝わって循環した血液は、静脈を通り心臓へと戻ります。

足から心臓へと流れる静脈はハの字型の弁を通って押し戻されますが、この弁が損傷していると血液が足の方へ戻ってしまい、血管内の血流が滞り、瘤のように膨れ上がるという症状が起きるのです。

この病気は主に女性に多く見られる病気で、妊娠や出産を経験した人、長時間の立ち仕事をしている人、中には遺伝的な要因で症状が出る人もいます。

もしこのような症状がある方は、循環器科を受診することをお勧めします。
治療の方法は主に弾性ストッキングを使う圧迫療法や、静脈を引き抜くストリッピング手術、注射で静脈を固める硬化療法、レーザーで静脈を焼く治療法などがあります。

まずは生活習慣を見直して、血流が滞らないように健康なふくらはぎを維持してあげる事が大切です。
メディアでも最近はふくらはぎを揉むと良いと紹介されていますので、このような病気にならないためにも、是非試して健康なふくらはぎを維持しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ