ふくらはぎは肉離れしやすい部位で、リハビリには1ヶ月から2ヶ月ほどかかります

ふくらはぎは体の中でも肉離れを起こしやすい部位と言われていて、内側にある筋肉を構成している腓腹筋に発症するケースが多く、柔軟性の不足や筋肉の疲労などが主な原因として挙げられます。

肉離れは歩こうとして足を地面に接地しただけでも強い痛みを感じるので、治療の開始時は、可能であればギプスを装着して固定したり、テーピングを使用するなどの処置が必要です。治療後のリハビリは筋力低下を防止するという目的を踏まえて、腓腹筋を鍛えるトレーニングが効果的と言われています。

理学療法士が推奨しているトレーニングにカーフレイズという方法があり、これは足首を屈伸させてつま先立ちになる事を繰り返す筋力トレーニングで、それから軽いジョギングへと移行していく流れが一般的です。

このカーフレイズは腓腹筋の筋力と筋量を増加させるのに効果的な運動で、自宅でもできますので、普段から行っていれば腓腹筋が鍛えられます。

また、肉離れを発症した部位にもよりますが、治療期間中はほとんど筋肉を使用しないので、ふくらはぎだけに限らず下肢全般の筋肉の柔軟性も低下しているため、関節の可動範囲を確保するストレッチも加わります。

軽度の場合は治療期間が3週間ほどで軽いジョギングができるようになるケースもありますが、重症の場合ですと最低でも1ヶ月から2ヶ月程度の時間がかかる事もあるので、アスリートや実践競技をしている方は症状の見極めも大切になってきます。
また、ふくらはぎの肉離れは最も再発しやすいと言われているので気をつけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ