ふくらはぎの筋肉は肉離れを発症しやすい部位の一つ

ふくらはぎの筋肉は肉離れを発症しやすい部位の一つとして挙げられ、大きな原因としては、柔軟性の不足と筋肉の疲労が考えられています。
発症した場合は大きな内出血を起こすケースが多く、発症した次の日にはアキレス腱の近辺にまで広がってしまう場合もあり、この内出血の抑制が治療のポイントとなります。

最も発症しやすい部位は、ふくらはぎの中でも腓腹筋という内側にある内側頭中間部で、一度発症すると再発の可能性が高い部位とも言われているので、なったことがある人は気を付けてください。
発症すると、地面に足がついただけでも強い痛みを感じることがあります。

特に足の背屈動作は治療期間中は厳禁なので、できればギプスで固定して、松葉づえなどの補助具を使って、足関節の背屈運動に制限を加えるようにするとよいでしょう。
通常の歩行動作でも底屈や背屈動作は必ず行われているので、装具を使用したり、固定をせずに治療をすることは難しいです。

もし、ギプスの固定までは必要としない場合でも、発症したときは腓腹筋中間部の断絶部分に運動の制限を加えるテーピングを使用して処置を行ってください。

テーピングの処置法は筋断絶を起こした筋膜の保護にもつながるので、回復の度合いにもよりますが、治療初期やリハビリの期間に適切に処置を行うようにすることが大切です。
また、テーピングが難しいという方には、専用の補助ベルト付きサポーターも販売されていますので有効に活用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ