筋肉質のふくらはぎに整形手術

ダイエットではどうしても痩せられないふくらはぎの筋肉は、運動好きな人や学生時代に部活に励んできた人には悩みの種であり、痩せたいと願っても更に運動をするわけにもいかず、地道にマッサージでほぐしてみても結果は微々たるものでしょう。

従来、ダイエットでは落としきれない部分的な贅肉は脂肪吸引で取り除いてしまうのが最も効率が良く確実な方法でしたが、この場合は脂肪ではなく筋肉のためこの方法は当てはまらず、無理に行うと凹凸ができてしまう危険性が生じます。

しかし、筋肉を収縮させてふくらはぎを細くする「下腿筋萎縮術」という整形手術が誕生したので諦めることはありません。いわゆるダイコン足やシシャモ足といった形に適していて、術後3ヶ月から6ヶ月かけて徐々に細くなるため周りに気付かれず、いつの間にか痩せていたという印象を与えられます。

この整形は筋肉に通う神経を切断して収縮を止めることで細くする手術で、ふくらはぎの内側が膨らんでいる場合は内側腓腹筋、外側の場合は外側腓腹筋またはヒラメ筋を遮断し、状態に応じて筋肉自体を切除する方法も取られます。

神経の遮断により筋力の弱まりは避けられませんが、日常生活に支障はありません。
これらは、筋力を弱めるボトックス注射よりも長く効果を得られる確実な方法で、諦めていた人達に希望を与えるでしょう。

高度な手術の為ドクター選びは慎重に行い、カウンセリングの丁寧さから信頼性を見出すのはもちろん、クリニックの清潔感のチェックや口コミ等の評価も参考にして、最終手段とも言える整形にトライしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ