ふくらはぎのしびれの原因と改善について

デスクワークでも主婦の人でも、夕方になると足の疲れや痛み、特にふくらはぎに痛みやしびれを感じるという悩みを耳にします。
この症状の要因の一つに、血液の流れの悪さが挙げられます。

ご存知の通り、血液は酸素や栄養を全身に運びますが、それと同時に運ぶ帰りに二酸化炭素や老廃物を回収する役割を果たしている事も広く知られており、どちらの働きも血液のスムーズな循環が大切です。

しかし、足元が圧迫される長時間の同じ姿勢や暴飲暴食、ストレス、下着や靴下による締め付けなどにより、血行不良が原因でむくみが生じます。
ふくらはぎが夕方になると疲れてくるのは、この様な状況で重力に逆らって血液を心臓まで戻すポンプの役割を担っているからで、血液を上手く戻せなかったり筋肉量が少なかったりする事がしびれの原因にもなるのです。

自分で出来る足のむくみの対策の一つにストレッチが挙げられるので、効果の高いストレッチを紹介します。

まず最初に、仰向けに寝た状態で腰から脚を上に持ち上げます。
この時、膝の後ろ側を伸ばすと更に効果が上がります。
次に、脚を頭の上に付ける様に勢い良く20回ほど交互に動かします。
自立して姿勢が保てない場合は、壁にもたれかかって行なっても大丈夫です。

脚を高く上げる事はむくみ解消にとても有効ですし、勢い良く動かす事で下半身の血液循環が改善され、溜まった体液の排出も促されます。
他にも、規則正しい生活や食生活の改善など、足のむくみには様々な予防法があるので、無理のない範囲で始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ