ふくらはぎがより美しく見える理想的なサイズがあります

ふくらはぎには理想的なサイズが存在するのを知っていますか。
1995年にワコール人間科学研究所が提唱したゴールデンカノンと呼ばれるもので、日本人の女性が最も美しく見える体型の指標のことです。

膝下部分のサイズは、身長に0.2を掛けて出た数値が理想的とされ、この数字に近づけば近づく程膝下のラインが美しく見えると言われています。
例えば、身長150cmの場合なら30cm、160cmの人でしたら32cmが最も綺麗に見えるのです。

そもそも、ふくらはぎとはどういった場所なのでしょうか。
ここは第二の心臓とも呼ばれていて、血液の循環を助ける働きをしており、血液を心臓へ送り出すポンプのような役割があります。

重力によって下半身に溜まりがちになっている70%近くの血液を循環させるための、非常に大事な部位です。
栄養を届ける役目の血液ですが、流れがスムーズにいかないと体中の色々な器官に栄養が渡らず、むくみや冷えといった不調が現れます。

脚がむくめば普段よりも太くなってしまいますし、水分代謝やリンパの流れが悪くなり、理想のふくらはぎとは程遠いものとなります。
こういった不調が出た場合、また出ないよう予防する意味でも出来る簡単な方法がマッサージです。

特に、就寝前や入浴中に温まって血行が良くなっている際に行うとより効果的と言われており、揉む強さは少し痛みを感じる位が良いでしょう。
膝下部分のサイズは人それぞれ違いますが、より美しく見える大きさがあるので目安として目指してみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ