ふくらはぎの効果的な鍛え方

夏など足を露出する機会が多くなると、服から覗く引き締まったふくらはぎは魅力的な部分です。
綺麗なふくらはぎになるための鍛え方には筋力トレーニングとむくみ対策が重要で、しかもただやれば良いというものでもありません。

ふくらはぎは、体の他の部分に比べて比較的筋肉がつきやすい部位だと言われています。
そのため、負荷をかけすぎると筋肉が張って、たくましい見た目になってしまいがちです。
簡単な筋力トレーニングとしては、両足を揃えて爪先立ちをし、かかとをゆっくり上下させるものがあります。

この方法であれば場所や時間を選ばずに行いやすいですし、過度に負荷をかけることにもなりません。

それに加えて何故むくみ対策が必要かというと、そのポイントは水分にあります。
人間はその大半が水分で構成されているのですが、その水分は重力によって自然と下へ下へと下がってくるのです。

つまり、脚はどうしてもむくみやすい部位だということです。
むくみを放っておくと皮膚が伸び、本来の状態に戻りにくくなってしまいます。
そのため、このむくみを防ぐことによりすっきりとしたラインを保つことができます。
例えば、できるかぎり脚を高い位置に保つことです。

寝る時に足枕をしたり、リラックス時には脚を何かに乗せるようにして、高い位置にもってくるように工夫しましょう。
また、入浴時、浴室から出る前に冷水をかけることも方法のひとつで、さらに、血流やリンパの流れを良くするために脚をマッサージすることも効果的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ