腰からふくらはぎまでしびれや痛みが出る座骨神経痛について

腰痛に悩んでいる人は、男性女性問わず沢山います。
腰痛の中でも、腰、お尻、太もも、ふくらはぎなどの広範囲に、痛みやしびれが走る症状を坐骨神経痛と言います。

痛みやしびれが出る箇所は人それぞれですが、一般的に、坐骨神経が通っている箇所が痛む場合が坐骨神経痛です。
腰から伸びている神経の付根が、椎間板や骨などから圧迫されて起こる神経痛で、歩いたり立ったり、横になるなどの日常生活の動きでも痛みが出てしまいます。

症状が悪化してしまうと、立てなくなったり眠れなくなってしまう程になり、毎日の生活に支障が出ることになります。
主な原因とされている一つが椎間板ヘルニアで、他にも、腰椎の変形やすべり、慢性的に腰痛を持っている人もなりやすい傾向があります。

また、内臓疾患から起こる場合も考えられます。
内臓疾患が原因の場合には、まずはその病気を治療しなければいけませんが、通常であれば、整形外科で診察してもらいます。

治療方法としては、神経の痛みを麻痺させるブロック注射、鎮痛剤や筋肉弛緩剤、湿布や牽引などを行います。
整形外科以外での治療は、マッサージや鍼灸なども効果があります。

また、自宅で自分でストレッチをすることで、痛みを改善する事もできます。
その方法は、まず、仰向けに寝て片足を大きく開き、太ももの裏の筋肉が張るところまで開きます。
誰かに開いてもらっても大丈夫です。

張った太ももの筋肉を軽く叩き刺激し、また仰向けに寝て、片足を曲げて抱えます。
そして、もう片方の足を抱えた足にクロスさせ、身体の方に引き寄せます。
この動作でお尻の筋肉を伸ばせますので、無理のない範囲でストレッチを継続しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ