ふくらはぎにできる湿疹について

女性の方で、ふくらはぎに赤い湿疹のようなものができることがあります。
これは、もし症状が出たら、直ぐに皮膚科に行って治療を受ける必要があるものです。
その部分にできる湿疹の原因は素人では判断できないので、専門医に診てもらうことが手遅れにならずに済みます。

湿疹の原因の多くは未知の病気が多いとされていますが、病気の一つで掌蹠膿疱症と診断された方が結構います。
掌蹠膿疱症は皮膚病の一種で、掌や脚底に無菌性の膿疱が反復して出現します。
基本的には、慢性難治性の疾患であるとされています。

ふくらはぎに限らず、掌や脚底に多数の膿疱が両側に急に出現して、しばらくするとガサガサの肌触りになります。
それが経過するうちに、寛解や増悪を繰り返し、約10%に胸肋鎖骨関節、脊髄に関節炎を併発させます。

そして、胸肋鎖骨骨化症を合併することが多く、その場合は運動制限が見られます。
その原因として、溶連菌やスーパー抗原に対しての免疫力低下による応答に異常があるという報告があるとされ、膿疱が無菌性ではありますが、慢性扁桃炎や虫歯炎などの病巣感染や歯科用の金属、合成して造られたようなアクセサリーによる金属アレルギーの関連性があるとされています。

そういった病気の原因の他にも、ビタミン類の一種であるビオチンの不足も考えられます。
また、ヘビースモーカーによる喫煙もその原因の一つになります。

治療法としては、紫外線療法での治療が行われており、内服治療として、ミノサイクリンやマクロライド系抗生物質を使用して治すこともあります。
単なる湿疹と甘く見ず、医師の診断を受けるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ