日本人のふくらはぎの太さの平均や理想値

そもそもふくらはぎの語源は「ふくら」と「はぎ」の単語に分けられ、「ふくら」は膨らんでいる事やふっくらしているという意味があり、「はぎ」は古い言葉で、膝の下部から足首の上部にある脛を意味していて、合わせて膨らんでいる脛という事になります。

そして、日本人の太さの平均値は、集計されたデータを見てみると、年齢別で男性は約170cmの身長で20代前半では36cm強、20代後半では37cm強、30代から40代は38cm前後となっており、同じくらいの身長ならば年齢と共に太くなる傾向にあります。
身長別に見てみると年齢は関係なく、身長が高くなる程太くなります。

年齢別で、女性の場合は158cmから159cmの身長で20代前半から40代まではそこまで差がなく、34cm強から35cm弱となっています。
男性が年齢別で約2cmの差があるのに対して、女性は約1cmと太さの差が少ないです。

身長別では、女性も高くなる程太くなる傾向があります。
また、女性は脚の太さや形、長さなど美しさにこだわる人が多く、美脚を目指したり保とうとする方はふくらはぎの太さのケアを欠かす事はできません。

その理想の太さは身長×0.2~0.21とされていて、先程のデータと照らし合わせると158cmから159cmで太くても33cm強となるので少し理想値より太くなります。

しかしながら、現在ではふくらはぎを痩せるためのグッズが数多く販売されています。
また、インターネットでも手軽にできるエクササイズなどの方法も紹介されているので、気になるのであれば一度試してみることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ