キネシオテープで健康なふくらはぎ

キネシオテープは、人体運動機能学に基づいたテーピングの一種です。
スポーツ選手が貼っているのを見たり、クリニックや整骨院などで治療のために貼ってもらったことがある人も多いと思います。

それまでのテーピングとの大きな違いは、患部をカッチリと固定するのではなく、筋肉の動きを助け、血液やリンパ液の流れを良くすることで、治療、リハビリ、予防に役立てる貼り方をする点です。

筋肉と同程度の伸縮性があるテープを使うため、動きにくかったり、血行が阻害されたりすることなく、痛みやコリを緩和し、肉離れなどによる損傷の自然治癒を手助けしてくれます。
粘着面のウェーブ状の模様も特徴のひとつで、通気性を保ち、かぶれにくく設計されています。

大きな怪我だけでなく、筋肉痛やふくらはぎがつりそうな時など、日常のちょっとした不調にも非常に有効です。
症状によって、貼り方や使用するテープの幅など基本があります。
最初は難しく感じるかもしれませんが、本を参考にしたり、専門家に一度貼ってもらうなどすると良いでしょう。

注意すべきこととしては、伸縮性が高いので、つい伸ばして貼りたくなりますが、筋膜のずれを直すなど特殊な場合以外は伸ばさず貼ることです。
ふくらはぎの場合は、肩や腰に比べると一人でも貼りやすいのでセルフケアが容易です。

また、日常生活では、毎日貼り替える必要はありません。
アマチュア、プロを問わず取り入れているスポーツ選手が多いことからも、効果が大きいことがわかります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ