注意したいふくらはぎの違和感について

ふくらはぎは、普段生活していく上で特別意識する箇所ではありませんが、第二の心臓と呼ばれることもあるほど重要なパーツです。

第二の心臓と呼ばれる由来は、心臓と同じく血液を循環させるポンプの役割を担っているからで、これが上手く行われなくなると、血液の流れが滞ってしまってむくみの原因になることもあります。
そのため、何か違和感を覚えた場合は特に注意すべき箇所だと言えます。

例えば、違和感のひとつとして硬さを挙げる方がいますが、この原因となるものには普段の姿勢や精神的なストレスがあります。
姿勢の悪さや同じ姿勢を取り続けること、精神的なストレスは筋肉の過度の緊張を招き、体の重心がずれてしまうケースが存在します。

体の重心がずれるとふくらはぎにかかる体重の左右差が大きくなり、特に片方だけが緊張しやすいアンバランスな状態を招くことは多々あるのです。

こういった状態が続くと、前述したような硬さや張りを感じたり、足首を回しづらい、足先を動かすとつりそうになったり、実際につりやすいといった違和感を覚えるようになります。

この症状を抱えたまま生活をしていると、負担が慢性化してしまって他の部分の不調を招く可能性もあります。

例えば腰や股関節、膝の痛みや肩こり、頭痛、体全体の緊張感、眠りにくいなどといった多岐に渡る不調です。
何らかの自覚症状があった場合は放っておかず、マッサージをしたりストレッチをするなど、血流を良くするよう心掛けてみることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ