ふくらはぎの痺れを引き起こす原因について

ふくらはぎが痺れる場合、その原因はいくつか考えられますが、代表的なものは坐骨神経痛です。
坐骨神経痛とは、坐骨神経が通っている部位に発症する痛みのことで、病名ではありません。

どこかで神経が圧迫されることによって引き起こされる症状で、坐骨神経に沿って痛みが生じるため、ふくらはぎ以外にも、臀部や太ももの後ろ側、かかとやくるぶし、腰などに痛みを伴うこともあります。

この症状の主な原因は、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などに代表される腰の病気です。
腰の病気であるのに痺れを感じるのは脚のどこかであることが多いため、発見までに時間がかかることが多いことで知られています。

例えば腰椎椎間板ヘルニアは、背骨を繋ぐと共にクッションの役目をしている椎間板が何らかの原因で突出することで神経を圧迫し、様々な症状を引き起こす病気です。
酷くなると背骨が曲がってしまい、動きにくくなったり重いものを持つと痛みが強くなることもあります。

原因はひとつではなく、様々な因子が影響することで発症し、そのため、若い人でも罹るケースが存在します。

例えば、姿勢の悪さや喫煙習慣などでも起こりやすくなると言われており、早期に発見できれば、安静を心がけたり消炎鎮痛剤の使用などで痛みを和らげることができますが、症状が進行してしまうと手術が必要になることもあります。
そのため、症状が痺れだけだったとしても、おかしいと思ったらすぐに病院へ行くことが大切なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ