ボトックス注射でふくらはぎ痩せ効果あり

美脚のポイントは、ふくらはぎのカーブです。
筋肉量が多いとふくらはぎが張ってしまい、綺麗なカーブが出ません。
しかし、足の筋肉は歩く時に常に使う筋肉のため、ダイエットや運動で痩せることは非常に困難です。

脂肪は減っても中々足が細くならないのは、発達した筋肉が原因です。
脚痩せボトックスは、足に直接注射し、足の筋肉を小さくし足を細くする治療法です。
徐々に筋肉を弱まっていくため、筋肉のボリュームも徐々に減っていきます。
その結果、自然に足が細くなっていきます。

スポーツなどで筋肉が発達して太くなった太ももやふくらはぎも、確実に細くすることが可能です。
従って、脂肪により足が太くなっている方よりも筋肉で足が太くなっている方にお勧めです。

使用する針も極細のため痛みもなく5分程度の施術で、注入後も通常の生活に戻ることができます。
しかし、足を酷使するような運動をすると、効果が長持ちしないため控えるべきです。

ボトックス注射をしてから1ヵ月くらいで足が細くなったと実感することができますが、注射してすぐに実感することはできません。
筋肉が使われなくなり小さくなるまでに時間が必要なため、焦らずに待つことが大切です。
通常6ヵ月程度で効用が切れ、徐々に元に戻り始めます。

効果が切れ始める頃に再びボトックス注入を行うと、継続的に状態を維持することができます。
最初の2~3回は6ヵ月に1回のペースで注入し、続けることで効果が増し1年程度持続するようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ