ふくらはぎのむくみとりにはマッサージが最適

長時間の立ち仕事や座り仕事の女性にとって、 夕方以降の脚の重だるさはとても厄介なものです。
中でも特に膝下はパンパンに張ってしまって時に痛みすら感じてしまう場合もあります。

膝下が張ってしまうのは、むくんでいるのが原因で、同じ姿勢を長時間取り続けていると体内の血行やリンパの流れが悪くなり、スムーズに流れるべき老廃物が溜まってしまうことで体がむくんでしまうのです。
膝下の、特にふくらはぎは体の中でもむくみやすい部分です。

そもそも体内に流れる血液は、筋肉の働きによって心臓へと戻っていきます。
しかし下半身は心臓から遠く、重力の影響を受けやすい状態にあり、その為スムーズな血液交換が行われにくくなってしまい、排出されるべき老廃物が留まってしまうのです。
こうした脚のむくみとりには、リンパの流れに沿ったマッサージが効果的です。

体の中には無数のリンパの流れがあり、それが滞ると老廃物が排出されなくなってしまいます。
そしてこのリンパの流れもまた、血液と同様に筋肉によって維持されています。

長時間同じ姿勢を取り続けると筋肉による充分なリンパ液の流動が行われなくなってしまい、一日に溜まったふくらはぎのむくみは、入浴などで体が温まった状態でリンパのマッサージを行うと効率良く解消することができるので、難しくないので気軽に行ってみましょう。

心地よい強さで足先から体の中心に向かうようにマッサージを行うと、滞っていたリンパの流れが促されて次第にすっきりしてくるでしょう。
むくみを放置すると脚が太くなってしまう場合があるので、できれば毎日入念なマッサージを行ったほうが賢明です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ