ふくらはぎがむずむずして眠れない病気レストレスレッグス症候群について

むずむず脚症候群は、別名レストレスレッグス症候群とも呼ばれています。
夜眠りにつこうと横になったり、長い間動かないでじっとしていると、足に違和感を感じ脚を動かさずにはいられなくなります。
この症状が続くとしっかりと睡眠が取れなくなり、不眠になる恐れがあります。

じっとしているとふくらはぎのあたりがむずむずしてきたり、痛みや痒みなどの症状が出る場合があり、この病名を始めて聞く人も多いかもしれませんが、実はこの病気で悩まされている人はとても多いのです。
比較的女性に多く見られ、40代以上の中高年がかかりやすい病気です。

むずむず脚症候群は、脚を動かす事によって症状は収まります。
しかしまた動かさないととぶり返してしまいます。
起こる原因は、ドーパミンの機能障害や鉄不足と言われていますが、まだ詳しくは解明されていないのです。

また、パーキンソン病、腎不全や貧血、妊娠、抗うつ薬を服用している場合などの合併症とも言われていて、脚に症状が出る為、脚の病気と思われがちですが、実は神経系の病気です。

症状で悩んでいる場合には、神経科や睡眠科で診察してもらう事が出来ます。
症状が長く続き、不眠で悩んでいるのであれば、一度相談して見る必要があります。
また自分で出来る対処法としては、タバコやカフェイン、アルコールを控え、鉄分の多いレバー、ほうれん草、赤身の肉、小松菜などを食べる事です。

夜寝る時にふくらはぎに違和感を覚えて眠れなくなった場合は、応急処置としてマッサージをしてあげると落ち着きます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ